神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

概要説明

神戸大学医学部附属病院では、医師の育成について、医学部での卒前教育と医学部附属病院における卒後教育の一貫した教育体制を構築するとともに、メディカルスタッフ(薬剤師・看護師・技師等)に対する臨床教育の更なる連携向上を図り、病院の教育研修機能の充実と優れた医療人を育成することを目的として総合臨床教育センターを設置しました。

総合臨床教育センターでは、高い専門性と豊富な臨床教育経験を有する専任教員を配置し、医師の育成について、学部学生の臨床教育から、初期臨床研修を終えた医師のさらなるキャリアアップまでを幅広く支援するとともに、医療職員に対しては、医療職種間の横断的な臨床教育を有機的に結びつけ、部署毎に行われてきた基礎的医療知識や技術に関する臨床教育について、共通の講演会・セミナー等を実施することにより、体系的・一元的な人材育成を行います。