神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

センター長あいさつ

総合臨床教育センター長
河 野 誠 司

 初期研修の2年は、医師人生にとって肝(きも)となります。患者さんの病や心と、あなたが正面から向き合うことが臨床研修の最初の一歩です。あなたが診療能力をこつこつと磨けば磨くほど、それは患者さんをよい方向に 導きます。医師としての手ごたえは、患者さんが良くなる姿を実感することです。コモンな疾患をしっかり経験し、基本的な診療手技ができ、チーム医療の中で役割を果たせるようになることは初期研修の目標の大きな部分を占め ますが、患者さんに十分貢献できているか、もっと出来ることはないかという姿勢こそが、あなたを知識や技術の修得に駆り立て、あなたの医師としての成長を促す心のエンジンとなります。神戸大学医学部附属病院は、1.患者 中心の医療の実践、2.人間性豊かな医療人の育成、3.先進医療の開発と推進、4.地域医療連携の強化、5.災害救急医療の拠点活動、6.医療を通じての国際貢献を6つの基本理念として、医療を実践しています。神戸大学病院群初期研修プログラムは、この理念の一つ一つに基づいた医療の実践を私たち病院スタッフとともに行っていただきながら、研修医の皆さんが診療能力を磨き、たくさんのことを体験したり見聞きしたりして、一人ひとりの将来目指したい医師像が焦点を結んで明確になるお手伝いしたいと考えています。私たちは、研修医のみなさんが積極的に医療に取り組めば取り組むほど浮かんでくる疑問について、自分の力で解決策を見出すにせよ、上級医の助けを借りるにせよ、解決まで持っていく志向を持った医師に育ってほしいと願っています。神戸大学医学部附属病院は、多彩で豊富な症例数、各科の充実した指導医体制に加えて、神戸大学ならではの大リーガー医プロジェクト、研修医の聞きたい・知りたい診療のコツを盛り込んだ研修医セミナーの数々、豊富なシミュレーション講習会などたくさんの診療能力を磨くプログラムを用意して、研修医の皆さんに問題解決能力を獲得してもらえるよう準備しております。神戸大学医学部附属病院は、あらゆる医療分野で若い医師の道しるべとなるような指導的医師を擁し、次のステップとしての後期研修・専門医プログラムへの展望も開けています。新たに、神戸大学医学部附属病院では、各科の熱心な指導医によるメンタリングを導入し、研修医を 1 対 1 でサポートする体制を整えました。わたしたちは、総合臨床教育センターを中心として病院をあげて皆さんの医師としてのキャリアのスタートをサポートします。