神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

副センター長あいさつ

伊藤智雄 副センター長(後期研修担当)
伊 藤 智 雄

神戸大学のキャリアアッププログラム

神戸大学病院においては、卒後の初期臨床研修を終えた医師のさらなるキャリアアップをサポートしています。キャリアアッププログラムは、学会専門医の取得や高度先進医療の担い手となる専門医を目指す医師のみならず、大学院への進学や海外留学などを経て研究者を目指す医師、さらには将来の教育者や指導者を目指す医師などを幅広く末永く支えています。その一環として「神戸大学病院と関係病院による後期研修プログラム」を作成しましたが、これは後期研修という位置づけではなく、大学院医学研究科とともに専門医取得を目指すキャリアアッププログラムの中核の一つに位置づけられます。

神戸大学病院と関係病院による専門医養成プログラムの概要と特徴

期間としては、卒後3年目から7年目まで(5年間)を原則としています。これは多くの領域の専門医、あるいは内科や外科ではそのサブスペシャリティーの専門医を取得するためには、この期間が必要なためです。

 

  1. 神戸大学病院のプログラムは関係病院との共同で提案しています。これは多彩な症例を有し高度先進医療を行ない充実した指導医のいる大学病院と、豊富な症例を有し主体的な診療経験ができる一般病院の両者の利点を活かしています。その病院の選択や期間はプログラムの参加者の希望で決定できますし、もちろん神戸大学病院のみでの研修や関係病院以外の専門病院などでの研修を組み込むことも可能です。
  2. プログラムは、学会専門医の取得を目的とする診療科別専門医育成プログラム及び専攻しようとする診療科が未決定である方のために専攻診療科が決定するまでの間を支援する包括的臨床医育成プログラムの2本を用意しました。
  3. 医員の身分を持ったまま社会人枠を利用して大学院に入学し、専門医取得とともに学位を取得することも可能です。
  4. 各領域間での交換プログラムを充実させ、多様な内容を可能としています。どの時期でも3~12ヶ月間大学内の他の領域にローテートしたり、他の診療科でより短期間の研修をしたり、他の診療科のカンファレンスや回診などに参加したりすることも出来るようにしています。

プログラムの実際

1.診療科別専門医育成プログラム

希望する専門領域を決め、そのプログラムのコーディネーター(多くは診療科長や診療部長)と目標やプログラム の内容について相談の上、各診療科プログラムへの参加手続きをしてください。
3年目に神戸大学病院以外の病院で後期研修を行う予定の人も、7年目までのどこかで神戸大学病院で研修す る可能性があれば、研修先の病院の許可を得て、是非とも本プログラムに参加の申請をしてください。いわゆる 入局をしなくても、プログラムへの参加が可能ですので、気軽に尋ねてください。

 

診療科別専門医養成プログラムはこちらをごらんください。

2.包括的臨床医育成プログラム

専門診療科選択までの期間を支援するプログラムです。期間は原則として1年となり、延長することも可能です。
包括的臨床医育成プログラムは、内科共通プログラム、外科共通プログラム及び内科・外科を組み合わせたプ ログラムにより構成されます。(内科・外科の組み合わせについては、総合臨床教育センターまでお問い合わせ 下さい。)

 

★内科共通プログラムはこちらをごらんください。★

★外科共通プログラムはこちらをごらんください。★

3.後期研修プログラム概要と募集要項

後期研修プログラム概要と募集要項