神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

研修環境

学習環境

地域医療活性化センター

神戸大学医学部附属地域医療活性化センターは、神戸大学と兵庫県が一体となって、地域医療を担う医療人材の卒前から卒後に至る一貫した教育研修を担うことにより、へき地を含めた県内津々浦々の医療機関に勤務し、地域の医療充実に邁進する優れた医療者を養成することを大きなミッションとして、平成26年4月に設立しました。

地域医療活性化センター

勤務環境

院内設備

豊富な研修医向けセミナー

採用時オリエンテーション
救急講習会

一次救命処置について学ぶ「BLS・AED 講習会」や、二次救命処置を学ぶ「ICLS コース(日本救急医学会認定)」、「JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS 講習会)」、「神戸大学 ISLSコース(脳卒中初期診療教育コース)」等、様々な講習会を定期的に開催しています。
※研修医は二次救命処置についての講習会受講が必須です。

研修医ミーティング

総合臨床教育センターでは、研修医対象の実践的なセミナーを多数開催しています。
医師としての基本的知識に加えて、大学病院ならではの幅広い診療科・視点からのセミナーを1年にわたってプログラムしています。講師には教授から後期研修医、そして直近の先輩である2年目研修医、看護師と多岐にわたって登壇していただきます。知識を習得すると共に多くの先輩に出会い多面的な視野に触れて、自分の目指す医師像をより深みのあるものにしていただきたいと願っています。
また、この時間は研修医の交流の場であり、活発なディスカッションを歓迎するため、名称を「研修医ミーティング」としています。

 

石原伸朗先生
たすきがけコース石原 伸朗 先生(平成28年度修了)

研修医より

 当院の初期研修では、週1回程度のペースで昼間に上級医がレクチャーしてくださる研修医ミーティングがあります。4月は業務に関する内容や医師として基本的な内容が中心ですが、夏以降は徐々に臨床に即したテーマへと移っていきます。平成28年度は毎年継続してきたテーマに、感染症集中講義や糖尿病月間、NEST週間などが加わったことでより実践的な内容となり、研修医のみならず上級医の方々やその他のメディカルスタッフからも好評でした。日頃臨床で感じた疑問を質問することで解決してゆく良い機会でもあり、活発な議論がなされています。なお、講義のテーマは研修医からの要望を反映させることも可能です。こういった場が設けられるのは神戸大学附属病院での初期研修ならでは、ではないでしょうか。

外科ハンズオンセミナー

年4回開催(平成28年度実績)

大リーガー医プロジェクト

神戸大学病院では、大リーガー医プロジェクトと称し、米国・日本国内から優秀な Clinicianeducator を招聘し、講演会を開催しています。

平成28年度
  • 小林 久隆 先生(米国国立がん研究所 / 米国国立衛生研究所主任研究員)
    「Near infrared photoimmunotherapy; Basis, features, applications, and Beyond」
  • Lawrence M. Tierney, Jr. 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
    「内科編」
  • 町 淳二 先生(ハワイ大学医学部外科教授)
    「急性腹症ケースカンファレンス / 研修医・若手医師を対象にしたProf. Machiのプレゼンテーションクリニック」
平成27年度
  • Meike Vernooij 先生(エラスムス大学)
    「Population Neuroimaging - experiences from the Rotterdam Study -」
  • Lawrence M. Tierney, Jr. 先生(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)
    「内科編」

 

石原伸朗先生
一般コース木下 万里佐 先生(平成28年度修了)

研修医より

神戸大学病院の大きな特徴として、大リーガー医プロジェクトがあります。毎年世界的に有名な、なかなかお会い出来ない先生が来て下さいます。私は研修医1年目と2年目の時に、ティアニー先生が来られた際に症例提示をする機会を頂きました。指導医の先生に熱心に教えて頂き、沢山論文を読んで、英語で症例発表する機会は、自分の医師としての人生を踏み出す上でとても大きな経験となりました。英語の症例提示は、最初は勇気がいると思いますが、例え自分の思い通りにいかなくても、必ず何かの大きなきっかけとなります。是非神戸大学病院で研修をし、チャレンジしてみて下さい。振り返った時、きっとかけがえの無い物を手にしているはずです。

メンタリングプログラム

平成29年度よりメンタリングプログラムを導入しました。研修医一人ひとりを経験豊かな先輩ドクター(メンター)が1対1で担当し、研修やキャリアなどなんでも相談にのります。
診療科長の推薦を受けた50名を超えるメンターから、研修医が自分のメンターを選びます。一般コース1年目研修医は全員がこのプログラムに参加し、それ以外の研修医は希望に応じていつでも参加できます。

神戸大学病院メンタリングプログラム