神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

BLS/ICLS

1次救命(BLS)

1次救命処置の指導を行えるようになる必要があるので、救命救急科ローテート中にマスターすること。

2次救命(ACLS)

「救命医療」の現場を経験する中で、2次救命処置(呼吸・循環管理を含む)の技術を体得できるが、体系的に学ぶために院内で開催される講習会を受講することも可能である。なお、救命救急科では2次救命をICLSと呼んでいるが内容は同一である。