神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

研修医手帳

本院では、研修医手帳を導入しております。
この手帳は、研修医各自がローテート毎又は経験毎に記入を行うと共に、指導医も並行して研修評価を記載していくため、指導医との緊密な連携が不可欠となっています。
また、みなさんの研修修了認定審査はこの研修医手帳の記録によって行われますので、記入及びレポートの提出を怠ることがないよう注意してください。

 

記入例

FAQ

行動目標項目について、1つの診療科を複数月ローテートした場合、毎月記入する必要がありますか?
ローテート期間が連続する場合は1つにまとめて問題ありませんが、連続しない場合はその都度記入してください。
経験目標項目の青字項目も必修ですか?
必修です。修了には、経験目標項目B)3.経験が求められる疾患・病態の「貧血」~「老年症候群」までの88項目のうち、赤字および青字を含む62項目(70%)以上経験する必要があります。
神戸市医師会での地域医療研修を終えた場合、誰に押印を貰えば良いですか?
総合臨床教育センター専任教員が押印しますので、総合臨床教育センターに手帳を提出してください。
選択科目の経験項目には何を記入すれば良いですか?
2年目の選択科目としてローテートした各診療科で経験した症例等を指導医と相談のうえ各科5項目以上記入してください。
1年目の研修病院で経験した項目について、指導医の押印をもらっていなかった場合、どうすれば良いですか?<
研修医手帳の最終提出期限(例年2月中旬頃)までに研修先病院の押印をもらってください。
どうしても経験することが難しい症例があるのですが。
可能な限り早い段階で、総合臨床教育センターにご相談ください。