神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

先輩研修医からのメッセージ

小畑昌裕先生
一般コース●小畑 昌裕 先生(平成28年度修了)

充実した初期研修

私は2年とも神戸大学病院で研修させていただきました。その中で沢山の上級医やメディカルスタッフの方と接し、1年目の最初はカルテの使い方など業務的なことを、仕事に慣れると患者さんへの問診の仕方や疾患の専門的な知識をといった様に、様々なことを順序立てて丁寧に教えていただきました。また、自由参加型の研修医ミーティングやセミナーなどで廻っていない科の知識も学ぶことができ、カンファレンスも含めて勉強できる場が多くやりがいのある研修でした。
もちろん仕事上で悩むこともありましたが、上級医や総合臨床教育センターの先生方、事務さんや同期の研修医に相談に乗ってもらうなど、大学病院の人の多さに助けてもらうことが多かったです。さらに、神戸や三宮、梅田まで電車などで簡単に行くことができたため、仕事終わりや週末は仲間と楽しく過ごすことができました。
勉強にも遊びにも今後につながるような充実した初期研修2年間を送らせていただくことができました。皆さんもぜひ神戸大学での有意義な研修生活を送りましょう。

 

 

穂積かおり先生
一般コース●穂積 かおり 先生(平成28年度修了)

たくさんの研修医と指導医

どの研修病院がいいかなんて正解はないと思いますし、私自身アドバイスが言えるほどのものもないので、とりあえず自分の研修生活で感じたことを。私が研修病院を選ぶにあたって重要視したのは、「人」です。神戸大学病院は研修医の人数も多く、同期や先輩後輩が多いのは本当に助けになります。夜遅くなっても朝早くても、研修医室には誰かがいることが多く、一緒に切磋琢磨できる仲間が必ずできます。気の合う仲間もできます。そして、素晴らしい指導医の先生たちに教わることができます。初期研修の2年間の後専攻科を選ぶことになると思いますが、自分が将来進まない科の希少な症例を診られるというのは、診療の幅が広がり本当に貴重な経験だと思います。私は2年コースですが、たすきがけでもどちらでもいいと思います。必ず皆さんに合う環境や研修ができると信じています。心からおすすめします ^ ^ 一緒に働けることを楽しみにしています^ ^

 

 

工藤拓也先生
たすきがけコース●工藤 拓也 先生(平成28年度修了)

たすきがけコースで研修

僕自身は外科志望であり、大学病院で研修することは5年生の段階で決めていましたが、たすきがけコースか一般コースかで迷っていました。1年目の市中病院で大量のcommon diseaseに暴露することができるのはたすきがけコースの強みです。救急外来での縫合処置を含めた外傷対応は大学病院だけの研修ではなかなか難しいと思います。一方、症例を通して考察する力の養成は大学病院での研修が大事と感じました。文献へのアクセスが容易であることや、指導医の数が多く、(今ではあまり重視されていないかもしれませんが)指導医自身の体験や考えを聞く機会が多いことは大学病院の強みです。また、実習中の学生からの質問は自分の知識の足りなさを自覚するのに非常に良い刺激でした。2年間の研修で得られた経験は今後成長していくうえで欠かせないものと考えています。

 

 

比江森晶子先生
たすきがけコース●比江森 晶子 先生(平成28年度修了)

神戸大学たすきがけコースにおける研修について

私は他大学出身であるため、将来地元である神戸に帰って医師として働いていきたいと思った時に、やはり神戸大学病院での初期研修は必須であると思い、当院の研修プログラムを選びました。たすきがけコースを選んだ理由は、色々自分でも見学を重ねていった結果、一般病院と大学病院、それぞれの良さがあるので、どちらの環境でも初期研修という期間を経験しておきたいと思ったからです。一般病院では基本的な手技が数多く経験できたことや救急外来で様々な疾患に対する診療に携わらせてもらえたこと、大学病院では専門性の高い治療を現場で学べたこと、またそれらを行う先生方から直接指導を受けられたことが自分の中で大きな糧であったと思います。特に私のように当大学出身でない方は、研修医という立場でこれから一緒に過ごす同期や、色んな診療科の先生方と出会える機会が一般病院より圧倒的に多い大学病院での研 修は、とてもとても貴重な経験になると思います。一生に一度しかない初期研修の2 年間、一緒に頑張っていきましょう。

 

 

内田孝宏先生
一般コース●内田 孝宏 先生(平成26年度修了)

バランス

僕はもともとこれといった志望科がないまま研修を始めました。大学病院にはたくさんの科があり、自分の将来を決めるためには色々な科を経験することは重要だと思いました。そして何よりも教育機関であるので、各科でしっかりと研修のシステムを準備してくれているのも安心感がありました。どの職業でもそうだと思うのですが、一番最初の時期が一番重要だと思います。スタートの2年をしっかりした教育を受けていれば後々上級医になってもその礎が役に立つのは間違いありません。もう一点は、研修医の数です。大学病院は人数が多く、たくさんの人と交流し、いろんな価値観を知れる。そして、比較的時間も余裕があり、仕事の後は飲み会も行けるし、スポーツで汗も流せたりと非常にバランスの取れた2年間でした。仲間との絆も築け、他科へのコンサルトも気軽にできて心強いです。仕事、自分の時間、教育。このバランスがうまく取れていた研修期間でした。

 

 

小牧遼平先生
一般コース●小牧 遼平 先生(平成27年度修了)

神戸大学病院での研修

みなさんが初期研修に求めているものはなんでしょうか。どのように病院を選択していますか。Common diseaseを学ぶこと・Common diseaseをマネージメントすること、手技を学ぶこと、 etc。誰しもが効率よく時間をかけずに学びたいと考えていることでしょう。神戸大学病院での初期研修は、あらゆる診療科に別れており、自分の興味や医師として必要なことを学ぶことができます。多くの同期がいて、多くの質の高い指導者からのあつい指導をうけています。学ぶだけではなく、学んだことを患者さんに還元できること、自分がそこに関与できたことが何よりうれしいことだと分かっていただけると思います。疑問はいつもベッドサイドにあり、初期研修を終える直前の今でも、分からないこと、知らないことだらけです。日々患者さんと接することで疑問は増大していきます。我以外皆我師也。多くの人と触れ合い、学び、患者さんに還元していく医療を一緒におこないませんか。

 

 

小坂恭子先生
たすきがけコース●小坂 恭子 先生(平成27年度修了)

神戸大学たすきがけコースへようこそ

研修病院をどう選ぶか?多くの方が不安と希望をもって悩んでいることと思います。実は私も当初は「本当にこれで良かったかな?」と思っていました。しかし今は「これで良かった」と言えます。たすきがけコースでは特性の異なる市中病院と大学病院の2か所で研修します。医療がもつ複雑な側面や、期待される役割について多くを学ぶでしょう。出会う人の数も単純計算すれば2倍。尊敬する先輩医師や仲間に必ず出会えるでしょう。 大学病院は教育熱心ではない?手技や症例数が少ない?神戸大には全国的に有名な臨床家の先生方から直接指導を受けられる贅沢があります。カンファレンスでは経験豊富な指導医が手ぐすねひいて待っています。多様な問題を抱える患者さんが集まる大学病院だからこそ、病棟で研修医が出会うプロブレムや手技数が多いのは当然です。 良い研修ができるようお祈りしています。そして、いつの日か一緒に神戸大学で仕事をしましょう。

 

 

辻本 誠長先生
たすきがけコース●辻本 誠長 先生(平成27年度修了)

知らないことを知り、見えない世界の発見

私は1年間一般病院で研修した後、大学病院で1年間研修をしました。 はじめ大学病院の研修は「雑用ばかりで手技ができない」「結局上の先生に言われたことをするだけで力が全くつかない無駄な時間」というイメージがありました。それでも他大学出身で、将来神戸で医療をするために知り合いを増やすという意味で大学病院を仕方なく選択しました。 2年目に大学病院に来てから、手技も 適切な指導のもとで非常に豊富に経験でき、とてもしっかりした教育を受けることができました。豊富で市中ではみることのできない様々な症例に出会え、自分が知らないということを知り、見えない世界が見えるようになりました。今となっては大学での研修を選んでよかったと思っています。皆さんもぜひ大学病院での研修を体験してください。

 

 

井本寛東先生
一般コース●井本 寛東 先生(平成26年度修了)

一般コースでしっかりと考える研修を

一般コースの良い点は神戸で2年間じっくりと研修に取り組める点だと思います。1年目は仕事を覚えることで毎日精一杯ですが、2年目からはどんな検査をするのか、どういう治療を行うかについて上級医やメディカルスタッフとチームでdiscussionを行い、文献を読んで、最終的には患者さんがhappyになるにはどんなことができるだろうかと考えるようになります。(実際、臨床現場では難しいことが多く、頼りになる上級医やメディカルスタッフにいつも助けられます。) また、同期は約70人と多く、困った時だけでなく仕事以外でも非常に頼りになります。研修環境として院内の研修医ミーティングやハンズオンセミナーだけでなく、京阪神の勉強会にも電車で行けますし、休日はオシャレな三宮や元町だけでなく六甲山や須磨海岸へ遊びに行くこともできます。 初期研修の期間は忙しくてあっという間ですが、多くの方々と出会えて成長できる期間でもあります。一日一日成長していくことを楽しんでください。

 

 

鷹津英先生
一般コース●鷹津 英 先生(平成26年度修了)

フレキシブルで充実した研修生活

当院は大学病院ならではの多くの科があり、ローテートの希望に厳しい制限はないため、将来の目標にあわせて興味のある科を選択することが可能です。また、将来の進路に直結はしないからこそ、初期研修で経験を積むのも長い医師人生の中ではよいかもしれません。学生の頃は進路選択の上位に考えていなかった科に実際にローテートして進路を決めた仲間も沢山います。 また、研修医ミーティングや、大リーガー医など、院内で学ぶ機会も充実しています。やる気があれば熱心な指導のもと発表する機会にも恵まれます。 一般コースの良いところは沢山ありますが、最大の魅力は同期の数が多いことだと思います。2年目でたすきがけコースも加わり約70人の大所帯です。大人数だと関わりのないまま過ごすのではないかと心配もありましたが、気の置けない仲間と切磋琢磨しながら2年間を過ごし、横のつながりが固いことは初期研修終了後も頼もしく思えます。

 

 

小坂篤志先生
たすきがけコース●小坂 篤志 先生(平成26年度修了)

地域の人々とのつながり

私はたすきがけ1年目を県内北部の基幹病院で研修しました。common diseaseが豊富なのはもちろん、ドクターヘリ・ドクターカー症例も経験することができました。週末は海水浴や温泉、スキーなどのレジャーが充実しており、食事も山海の幸にも事欠きませんでした。地元職員の方々とのご縁にも恵まれ、神戸に移っても前職場のバレーボール部から試合の度に声をかけていただいています。お祭りなどの年間行事を通じて地域の方々とのつながりができることもたすきがけの醍醐味ではないでしょうか。 初期研修は手技や治療戦略だけでなく多くの人の考え方を学ぶ期間でもあります。医療者だけでなく、人生経験豊かな患者さんもあなたのメンターとなるかもしれません。一つ一つの出会いを大切にしてぜひ聞き上手になって充実した研修生活を過ごしてください。

 

 

渡邊圭先生
たすきがけコース●渡邊 圭 先生(平成26年度修了)

様々な環境に身を置き、色々な価値観に触れて

たすきがけコースでは、1年目は市中病院で研修し、common diseaseをみて、手技などを体得する機会を得ました。2年目は大学病院で研修し、1つ1つの症例をじっくりと考え、文献検索をしたり、プレゼンテーションをすることができました。 大学病院の一番のよさは人がたくさんいることだと思います。アカデミックな環境で経験を積む上級医から指導を受けることができ、私もこれからもメンターと呼べる指導医と出会うことができました。また多くの仲間にも恵まれました。学生を教える機会も多く、自分自身の理解を深めることができました。また、研修医レクチャーも充実しており、海外の著明な先生方のレクチャーも聴くことができました。 初期研修の2年間は、今後の自分自身の進路や医師としての生き方を決める大切なステージだと思います。様々な環境に身を置き、多くの人と出会い、色々な価値観に触れることは、皆さんにとってかけがえのない経験となることと信じています。

 

 

村上先生
一般コース●村上 優 先生(平成24年度修了)

つながりが一生の宝に

神戸大学病院には多くの科があり、多くの人がいます。初期研修ではいろいろな科を回りますが、それぞれの科でいろいろな先生方とのつながりができます。このつながりは一生の宝になります。初期研修を終えた今でも、内科、外科に関わらず、いろいろな先生に相談に乗ってもらえる環境があります。これは人が多い大学病院ならではの魅力だと思います。 市中病院と違いcommon diseaseを診る機会や、手技が少ないと焦っていたこともありましたが、その代わりにとても大切なものを得ました。今振り返って、神戸大学病院での研修はよかったと心から思います。 あと余談ですが研修医室という日々の疲れを癒してくれる憩いの空間があります。洗濯以外は困ることがありません。賛否両論ありますが僕はこの研修医室が好きです。

 

 

細川先生
一般コース●細川 望美 先生(平成25年度修了)

多様性に富んだ研修

初期研修はほんとうに楽しいものでした。大学病院であるため診療科や施設が充実しており、発表などの機会が豊富なのはもちろんですが、何より人が多いのは魅力的です。同期は1年目で30数人、2年目になるとたすきがけコースも加わって2倍になり、考え方も将来の進路も様々で勉強も相談事も(遊ぶにも)困ることはありません。また上級医やメディカルスタッフにしても同様で、多様な人と接して様々なことを吸収できます。指導医も本当に色々な方がおり必ず自分の求める人に出会えると確信しています。  研修医にとっての環境はここ数年でも大きく変化しています。研修医室の整備や研修医ミーティングの拡大が目立つ所ですが、希望を伝えれば大きなことでも小さなことでも前向きに検討してもらえ変化していける、自由で風通しの良い空気が自慢です。研修上の悩みや個人的な事情も、総合臨床教育センターに行けば何でも相談にのってもらえ、安心して研修生活を送れました。  ひたすら勉強しても、学生や研修医の教育に携わってみても、真面目に医師をしても、人との出会いを楽しんでも、その人なりの忘れられない2年間になると思います。

 

 

藤堂先生
たすきがけコース●藤堂 紘行 先生(平成25年度修了)

頭も、体も、幅広く動かせる医師に

たすきがけコースの良さは、多様な経験を積める点にあると思います。1年目は 市中病院で研修し、科が混然一体となった環境でコモンな疾患を素早く見てゆきました。2年目に過ごした大学病院では、専門科ごとの高度医療、文献検索、プレゼンテーション、学生教育、基礎医学に触れるなど大学ならではの修練を積めました。医師として求められる能力の幅広さ、逆に絶対に必要なスキルを意識することができたと思います。頭と体が両方動き、視野も広い医師に(勿論頑張ればですが)なれる環境でした。  万人に適した研修プログラムは存在しないと思いますが、融通の利くプログラムや、常に改善されているプログラムは良いものだと思います。そして当院ではそれらがあり、各代の研修医が中心となってプログラムを作り上げています。風通しの良さ、懐の深さがある研修環境です。

 

 

田原先生
一般コース●田原 慎太郎 先生(平成23年度修了)

初期研修で医師としての土台を築く

私は初期研修の2年間とも、神戸大学医学部付属病院で研修しました。研修前のイメージと違わず、やはり大学病院で研修することのメリットは、臓器別疾患におけるトップレベルの診療が経験でき、かつ研修病院としての歴史も浅くないため指導体制が整っている、という点に尽きると思います。神戸大学病院も例外ではなく、各診療科における質の高い医療を経験できましたし、また研修医を対象としたセミナーやワークショップも非常に豊富で、優秀な指導医達による充実した指導を受けることができました。
私は今、救急・集中治療科の専攻医として後期研修を行っておりますが、初期研修時代に、大学病院における専門性の高い医療を経験でき、また実臨床における土台であるとも言える、患者へ対する姿勢や診察技術、各疾患における文献検索能力、カンファレンスでのプレゼンテーション能力などをバランスよく学ぶことができた点は、現在の診療において非常にプラスになっていると実感しています。
どの診療科を志すにせよ、地域医療の必要性が見直され、総合診療のスキルが各医師に求められている昨今だからこそ、医師としての土台は初期研修で形成しておく必要があると考えます。是非神戸大学病院で、充実した研修生活を送ってみてはいかがでしょうか?

 

 

土井先生
一般コース●土井 健史 先生(平成22年度修了)

志望科以外の研修期間を大切に

神戸大学病院での初期研修では自分の志望である外科以外の回る期間が半分以上あり、最初はそれが本当に良いのかどうか疑問がありました。しかし初期研修を終え専門科に進んで仕事をしていると、やはり初期研修で学んだことの大切さを思いおこされます。私は神戸大学病院で2年間の初期研修(一般コース)を行いましたが、非常に充実したよい研修が行えたと思っております。
神戸大学病院にはあらゆる専門科が集まっており、また大学病院なだけあり人材は豊富で素晴らしい指導医も多く、どの科の研修でもしっかりした指導体制が整っていました。市中病院とは異なりcommon diseaseを診る機会は少なくなりますが、専門領域の最新の知見や患者・疾患に対する向き合い方・考え方などを十分な時間をかけて学ぶことができる点は、大学病院での研修の大きな利点と言えます。
神戸大学病院での研修では、自分の望む科を選択し自分だけの研修プログラムを組み立てることができます。今のプログラムでは我々の学年の時以上に選択研修の期間が増えていますので、内科・外科を問わず自分に必要な研修科をより多く選択できるでしょう。そのようなこともあり、神戸大学病院での2年間は、どの科に進む研修医にとっても決して無駄にはならないでしょう。
平成16年より始まった新臨床研修制度、今なお数多くの問題点がありますが、自分が将来専攻する科以外の分野を学べる期間があることは非常に大きな利点と言えます。
先の長い医師としての人生の大切な基礎を築くためにも、比較的自由で充実した研修のできる神戸大学病院で初期臨床研修をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

津島先生
たすきがけコース●津島 ゆかり 先生(平成24年度修了)

数々の出会いが財産に

私がたすきがけコースを選んだ理由は、研修医の期間に大学病院、市中病院どちらも経験できることでより多くの先生方と出会い、色々な考え方を見聞きしたいと考えたからでした。2年間の研修生活も終盤となっている今振り返ると、数々の出会いが私の財産となっています。
大学病院はその研究施設としての立ち位置から現在医学の各分野において注目されている領域を知ることができます。臨床の現場においてもそれを知ることは非常に価値のあることであると考えます。また教育現場として学生と接する機会が多いことも大学病院の特徴ですが、未熟ながらも指導をするという立場になることで新たな発見をする機会も多くありました。学生からの質問は鋭く自分自身の学習の必要性と上級医の先生方の偉大さを感じました。
神戸大学では自由選択の研修期間も長くどの科も専門の先生が充実しており、将来の専攻科が決まっている人もそうでない人も充実した研修が送れると思います。
研修医の2年間はあっという間ですが、長い医師人生の中で重要な期間です。ぜひ神戸大学で有意義な研修生活を送りませんか。

 

 

竹内先生
たすきがけコース●竹内 健人 先生(平成23年度修了)

大学病院と市中病院、それぞれの特性を経験することで自らの能力向上につながりました

私は初期研修が残り数ヶ月という現在筆をとっていますが、この2年間を振り返って研修生活で最良点は、大学病院でたすきがけコースを選択したことだと考えています。
本コースは、単純に2つの病院を経験できるというだけでなく、2つの特性の異なる病院を経験することで、自らの能力の向上につながるということこそが大きいと考えています。
具体的には、私は1年目を市中病院、2年目を大学病院で研修していますが、市中病院では、common diseaseの経験が数多くできる、病院スタッフとの関係が非常に密である、基本手技の経験が多いといったメリットがあります。しかし、逆に資料探しに不便さを感じることがある、全科が揃っているわけではないので、治療が一つの病院で一貫できないといったデメリットもあります。大学病院では基本的には、これと真逆のことが言えるため、両者を経験できることは偏りのない研修ができることになります。
さらに、神戸大学特有のたすきがけコースでは、他の大学病院と比べるとcommon diseaseの経験という点、各科間の壁が低いという点が優れています。
2年間の研修生活、長いようであっという間です。ぜひ神戸大学病院で過ごしてみませんか。

 

 

堀内先生
総合臨床医育成コース※●堀内 日佐世 先生(平成24年度修了)

自ら考え行動すれば答えてくれる環境がある

私は総合臨床医育成コースを選択し、二年間大学病院で研修を行っています。内科志望ではありますが、将来選択する専門科以外での研修が出来ることも臨床研修制度のメリットだと考え、一年目に心臓血管外科と小児外科でも研修を行いました。二年目はほぼ自由に選択することが出来たので、学生時代から興味のあった感染症内科で5ヶ月間研修し、論文作成や学会発表の機会を戴きました。また、国内・国外から来られる大リーガーの先生方のレクチャーを受けたり、留学生と一緒に英語で回診やカンファレンスを行ったりと、貴重な経験も出来ました。
あと二ヶ月程で初期臨床研修を終えようとしていますが、この二年間を振り返ってみて良かった点は、自分で考えて行動すれば、それに答えてくれる環境が整っていたこと、そして心から尊敬する先輩医師との出会いや、様々なことを相談し合える同期に恵まれたことです。皆さんも是非、神戸大学病院で初期臨床研修を行ってみませんか。
(※総合臨床医育成コースは1年目外科3か月を必修とした現行の一般コースと同等のプログラムであり、平成25年度より廃止)

 

 

鴨井先生
総合臨床医育成コース※●鴨井 良明 先生(平成23年度修了)

初期研修を通じ臨床医としての理想像を描く

僕はもともとこれといった志望科がないまま研修を始めました。大学病院にはたくさんの科があり、自分の将来を決めるためには色々な科を経験することは重要だと思いました。そして何よりも教育機関であるので、各科でしっかりと研修のシステムを準備してくれているのも安心感がありました。どの職業でもそうだと思うのですが、一番最初の時期が一番重要だと思います。スタートの2年をしっかりした教育を受けていれば後々上級医になってもその礎が役に立つのは間違いありません。もう一点は、研修医の数です。大学病院は人数が多く、たくさんの人と交流し、いろんな価値観を知れる。そして、比較的時間も余裕があり、仕事の後は飲み会も行けるし、スポーツで汗も流せたりと非常にバランスの取れた2年間でした。仲間との絆も築け、他科へのコンサルトも気軽にできて心強いです。仕事、自分の時間、教育。このバランスがうまく取れていた研修期間でした。