神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

歯科口腔外科長あいさつ

神戸大学医学部歯科口腔外科教授
古森 孝英

神戸大学ではこれまで大勢の歯科研修医を受け入れ卒後教育に取り組んできました。国立大学法人医学部にある歯科口腔外科という利点を生かし、恵まれた条件の下で全身管理能力を持った歯科医師の養成を行ってきました。

単独型研修:(神戸大学病院単独で1年間研修)の1コースで12名を受け入れ、研修医教育を行います。外来および病棟研修を交互に繰り返し、口腔外科を重視しながらも、歯科保存・補綴・矯正などの歯科全般を含んだ初期研修を行います。

1年間の研修修了後は、大学院に進学するコースとアドバンスドコースがあります。アドバンスドコースでは、さらに1年間大学病院での研修を行いますが、週1日程度は歯科診療所などでの診療を行い、一般歯科についての基本的な能力を身につけた上で、口腔外科的な専門能力を養うことを目標としています。

兵庫県では歯科診療所・病院歯科・大学病院の病診連携がしっかりと構築されており、加えて神戸大学および関連施設において十分な患者さんと指導医が勤務していることから、引き続き歯科医師臨床研修に力を注いでいくつもりです。

素敵で雰囲気のある港町、神戸で歯科医療の第一歩を始めてみませんか。私たち先輩歯科医師が熱意を持って指導にあたり、君たち研修医の着実な成長を応援します。