神戸大学医学部附属病院 総合臨床教育センター神戸大学医学部附属病院総合臨床教育センター

指導医資格について

指導医の要件

臨床研修指導医は医師免許取得後の臨床経験が7年以上の者で、かつ厚生労働省の定める要件を満たした指導医講習会を受講済であることが必要となっています。 また、診療活動に携わる中でも、研修医の指導に適切な時間と労力を費やせる状況であることが求められます。更に、指導者としての情熱と、研修医と適切な人間関係を保つことのできる人間性も必要です。

指導医の義務

指導医は診療科の上級医や研修管理委員会と連携して、円滑な研修がなされるよう関係するすべての事項に広範な責任を負います。具体的には、研修の進捗状況把握と指導(レポートの提出と研修医手帳の記入指導を含む。)、研修医の健康状況観察、研修医と周囲のスタッフとの人間関係調整、研修意欲の啓発等々が挙げられます。

研修管理委員会

神戸大学病院群の研修病院は、管理型臨床研修病院である当院が召集する研修管理委員会(院外部会)に、各病院の研修実施責任者(研修に関する統括者)を派遣しなければなりません。同委員会は、病院群として研修状況を把握・管理し、改善していくための協議を行います。
さらに、同委員会は、研修修了時には、研修医手帳の研修記録に基づいて修了認定の審査を行います。

研修環境の整備

研修医は医師としての知識・経験が不足しているため、病棟への基本的なテキストの配置、DVD等の各種教材の購入と活用等の配慮が必要です。また、可能であればシミュレーターを用いた手技の講習等も効果的です。